医療レーザー脱毛 痛み

医療レーザー脱毛ってどうなの?髭や顔、VIOの痛みは?うぶげへの効果は?永久脱毛効果は?何回で終わる?の疑問に答えます!

HOME|医療レーザー脱毛 痛み

医療レーザー脱毛 痛み

医療レーザーはアレキサンドライトレーザーだろうが、ダイオードーレーザーだろうが、IPLだろうが、なんでも痛いです。

痛くない脱毛というのはないです。
たとえば、麻酔クリームを塗っても、笑気麻酔を使っても痛いことは痛いです。

逆に痛みが感じないと効果がないです。なぜかというと。毛は皮膚の1〜5mmほど深いところから生えていて、その根本の毛のメラニンをターゲットとして毛の生えるメカニズムを持つ組織を殺傷するからです。それが永久脱毛というものです。

毛の根元の組織が殺傷されなければ、また毛が生えてきます。
毛の生える組織を機能させなくする=毛乳頭の熱殺傷になるので、熱いのです。

瞬間的に皮膚の下の組織に熱によるダメージを与えるから熱い=痛いになるのです。
皮膚表面は火傷しませんが、毛乳頭という組織は熱で火傷しているような状態です。

肌表面が水膨れのような火傷は起こしませんが皮膚が赤くなるのは、皮下組織が炎症を起こすからです。なので痛くない医療レーザーは反応が薄いうぶげの時くらいです。

医療レーザー脱毛 VIO痛み

今は男性でも人気のあるVIO脱毛。これも痛いです。

何故かというと、粘膜附近は肌の色が色素沈着で黒い人が多いからです。下着によるスレや摩擦でIとOは粘膜近くが黒ずんでいることが多いです。肌が黒ずんでいるとレーザーのメラニン色素をターゲットとする熱エネルギーが皮膚表面にも反応してしまうため。

よけいに痛いです。これは、耐えるほかありません。もちろん火傷しない様に低出力で最初は照射してもらうことになるでしょう。

医療レーザー脱毛 髭 痛み

神戸VIOに続く痛み、もしくはそれ以上の痛みがあるのが男性の髭脱毛です。
髭はなんといっても毛の生えている密度が髪の毛に次ぐ密度。

そして毛の生えている場所が他の体毛に比べて深いのも特徴です。
また鼻の下は男性でも女性でも痛い脱毛箇所。

男性の鼻下の痛みは女性の比ではない痛さであることは間違いないです。
ゴムでぱちんとはじかれたような刺激なんていうのは甘っちょろい表現といえます。

痛みは強い場合、出力を下げてもらうことも可能ですが、看護師さんがテスト照射をして、痛みの感じ方も聞いてくれます。肌の様子、赤みや腫れをみて、調整してくれるので、ある程度の痛みは我慢すべきです。

ただし、やけどや毛嚢炎のような肌トラブルが出てしまうと困るので、本当に我慢できないときはきちんと伝えましょう。休憩を入れてもらうこともできますが。たいていのクリニックでは有無を言わさずバシバシ照射されますので心得ておきましょう。

あれですね、歯医者さんで痛かったら手を挙げてくださいね〜っていわれて手を挙げてるのに無視される感じ。あんな感じはありますね、クリニックは。

医療レーザー脱毛
医療レーザー脱毛口コミ
医療レーザー脱毛 vio
医療レーザー脱毛 安い
医療レーザー脱毛 効果
医療レーザー脱毛 顔
医療レーザー脱毛 回数
医療レーザー脱毛 ひげ
医療レーザー脱毛 痛み
医療レーザー脱毛男性
医療脱毛の機械と種類
ジェントルレーズ
アレキサンドライトレーザー
ライトシェア
ダイオードレーザー
↓いちおし湘南美容外科クリニック↓
湘南美容外科クリニック

>>詳しくはこちら