医療レーザー脱毛 効果

医療レーザー脱毛の効果はあって当然。医療行為であるレーザー脱毛は永久脱毛です。

HOME|医療レーザー脱毛 効果

医療レーザー脱毛 効果

医療レーザー脱毛=永久脱毛の効果があります。
もちろん、周辺の細胞を傷つける事はありません。

医療機関でおこなうレーザー脱毛は、体毛の黒い色に反応して、
皮膚の下の毛の色、黒いメラニン色素に熱を加えて毛根組織を破壊します。
ピンポイントで体毛を作り出す毛母細胞を破壊し、再生しないようにするので永久脱毛になります。

医療レーザーは医師の判断、看護師さんの元、適切な出力(パワー)で丁寧に照射されます。また、出力が強いため痛みもその分感じますが、照射後は炎症を抑える薬を塗ってもらいます。エステでは保冷剤で冷やす程度ですが、薬を塗ってもらえるのは医療機関だからできることです。

医療レーザー脱毛 効果 回数

とはいえ、1回照射しただけでは完全にきれいになくすことはできません。 なぜなら、体毛は毛周期といったもので生え変わっており、それは毛の1本1本によって違うのです。

ワキ脱毛の毛周期でいえば、最低限6回は受けるとほとんどの毛が生えてこなくなると言われています。

実際に伸びているわき毛は全体の3割ともいわれているのですから、およそ7割はまだ皮膚の下に眠っているといえます。(体毛は生えている部位によって毛周期が違ってきます。)そのため1回の照射では3割の生えている毛にしか効果を発揮できないのです。

レーザー脱毛でもエステの脱毛でも一緒ですが、脱毛機の熱エネルギーは伸びている体毛には効果を発揮するのですが、眠っている体毛には反応しませんません。

そのことからも、毛周期に合わせた数回のレーザー照射が必要となるのです。
1回やって次にやるまでの間は1か月半から2カ月ほど開けなくてはいけないことからも、
すべて完了するには早くても半年、一般的には1年、長ければそれ以上となります。

時間も費用もそれなりにかかるのですから、高い効果を期待したいもの。

ただし、レーザー脱毛をする前は自分で毛を抜いていた人などは、1年以上脱毛したのにもかかわらず毛が残っていることも…。
これは、自己流でやってしまったために毛穴が変形してしまったことが考えられます。

逆に自己処理を今まであまりやっていない人毛抜きを使った自己処理をしたことがない人は自己処理をしていた人に比べて効果が早く感じられます。

医療レーザー脱毛 産毛 効果

レーザー脱毛はワキやVライン、手足などのちょっと太めの体毛は目に見えてスルリと抜けるため効果を実感しやすいのですが、 産毛や栗毛といった体毛にはスルリと抜けるというような効果を実感しにくいです。

産毛はレーザーのターゲットとなるメラニン色素が薄いため反応も鈍く、細すぎるため目に見えて抜けている実感を感じにくいのです。

そのため、レーザーを当てて敢えてうぶげをいったん濃くし、さらにそれを高出力で照射することで脱毛の効果を発揮させることもあります。

産毛はレーザーでも反応が鈍いので、エステでは特に効果が見えにくい脱毛です。
また産毛は前述したとおり、メラニン色素の反応が鈍いため、高出力で照射するほかありません。

高出力でのレーザーの照射は火傷のリスクも高まります。
そのため、顔のうぶげの脱毛などはエステでは積極的にやっておらず、医療レーザー脱毛を選ぶ人が多いです。

特に顔はやけどをしてしまえば損害賠償請求も破格です。
そのためエステの全身脱毛プランなどに顔が含まれていないことも多いのです。

失敗したくない脱毛箇所は信頼できる医療機関が安心ですよね。

医療レーザー脱毛
医療レーザー脱毛口コミ
医療レーザー脱毛 vio
医療レーザー脱毛 安い
医療レーザー脱毛 効果
医療レーザー脱毛 顔
医療レーザー脱毛 回数
医療レーザー脱毛 ひげ
医療レーザー脱毛 効果
医療レーザー脱毛男性
医療脱毛の機械と種類
ジェントルレーズ
アレキサンドライトレーザー
ライトシェア
ダイオードレーザー
↓いちおし湘南美容外科クリニック↓
湘南美容外科クリニック

>>詳しくはこちら